化粧品だけじゃ無理?本気でしみを消すための方法

MENU

化粧品でのスキンケアだけではしみを消すのは難しい

肉眼で見えないような薄いしみであれば、美白コスメやエイジング化粧品等で消すことも出来るかもしれません。でも、本当に消したいのは大きくて目立つしみのはずです。

 

そこまで育ってしまったものに対して、いくらしみを消す効果のある化粧品を使用したとしても、思ったよりも効果を感じられないと思います。しかも、アンチエイジング系のコスメは、値段の高いものが多いので、しみ目的で購入するには非常にコスパの悪いものとなります。

化粧品は悪化を防ぐもの

じゃあ、化粧品でのケアは無駄なの?というと、もちろんそんなことはありません。エイジング化粧品は、しみの悪化を防いだり、予防してくれる効果があるので、スキンケアは絶対に必要です。

 

しみが出来やすい人であれば、毎日のケアには「美白成分を含有したエイジングケア化粧品」がおすすめです。ビタミンC誘導体やアルブチン、ハイドロキノンなどの成分に注目しながら化粧品を選ぶようにしましょう!

ハイドロキノンは敏感肌には刺激が強い

自分が敏感肌だという自覚がある場合、ビタミンC誘導体やハイドロキノンといった美白成分の定番どころは使いづらいものです。どちらも肌にとって刺激となる可能性があるため、しみを消すどころか、さらなる肌トラブルの原因ともなりかねません。

 

また、敏感肌の場合、エステや美容外科によるレーザー治療も出力を上げることが難しくなります。敏感肌を発症している場合は、何よりもまず敏感肌の改善を考えていきましょう。

 

敏感肌の改善方法については、下記サイトが参考になります。

敏感肌のミカタ

しみを取るなら、皮膚科?美容外科?それともエステサロン?

化粧品によるスキンケアや食事、生活習慣の改善では、期待するほどしみへの効果が感じられない場合、どのような対処法があるのか紹介していきます。

 

しみくらいで病院に行くのは気が引けるという方もいらっしゃるかもしれません。しかし、しみを専門に扱っている人に相談することは、決して遠慮するようなことではありません。

しみの治療を行っている場所

しみの治療と言えば、一般的には皮膚科や形成外科です。しかし近年、美容に関する需要が高まっていることもあり、美容外科や美容皮膚科などもあります。

エステサロンでのしみ取り

エステサロンでもしみ取りを行っていることがありますが、エステの場合は医療行為や薬の処方は禁止されています。治療というよりは、美容の一貫という位置付けですね。

 

レーザー治療を行っている場合でも、病院ほど強力なレーザーの使用は認められていません。こう書くと、良いところがないように感じられますが、医療レーザーは強力な分、炎症等の肌トラブルも引き起こします。

 

また、スキンケアの面では、エステの方がしっかり行ってくれることが多いので、肌が弱い人にとっては、エステサロンも十分メリットのある方法です。

皮膚科、形成外科、美容外科の違い

皮膚科、形成外科にハッキリとした線引は無いように思います。どちらの場合も、レーザー治療や薬の処方がメインとなります。漢方薬を処方されることも少なくないようです。

 

一方、美容外科や美容皮膚科では、レーザー治療や薬の処方以外にも、美容マッサージや美容成分を肌に浸透させるなどのケアも行ってくれる場合が多いようです。治療に、エステをプラスしたような感じですね。

美容外科を受診する際の注意点

マッサージや美容成分を肌に浸透させるなどのケアをしてもらった場合、保険適用外になる可能性が高いことを覚えておいてください。事前に電話で問い合わせたり、初診の時にきちんと確認することが大切です。

結局どこで治療するのが一番良いか

しみ取りを行える場所が選択できるのは良いことですが、どこが一番いいか決めるのは難しいですよね。しみ取りは、豊富な経験と高い技術を持ち合わせている先生に治療してもらうのが一番だと思います。ホームページや口コミなどをチェックしたり、実際にメールや電話で問い合わせてみることから始めてはいかがでしょうか。

しみについてのQ&A

しみは紫外線に当たらなければ絶対にできないのですか?

しみは紫外線に当たることの他にも、加齢に伴ってできる場合や、また、肌へ摩擦などの刺激が起こった場合もできます。

 

その場合も、食事や生活面などから肌の新陳代謝を活発にすることや、美白化粧品などで対応可能です。

レーザー治療は痛いですか?

個人差はありますが、一般的にはほとんど痛みはないと言われています。痛いと言うよりは、熱いという表現の方が近いと思います。熱さもそれほど強くはありません。

 

もしも痛みが気になるようであれば、事前に麻酔をして痛みを感じにくくしてくれる場合もありますので、病院で相談してみてください。

レーザー治療は一回だけでしみが取れますか?

メラニン色素の量が多い場合やしみの種類によっては、一回だけでは十分な効果を得られないこともあります。老人性色素斑場は一回の治療でで十分に効果を実感できる場合がほとんどです。

 

遅発性両側性太田母斑様色素斑の場合は、3〜5回が目安とされています。また、個人の体質によっても効果の現れ方に差がでてきます。一回で効果を十分に感じられない場合は、再度レーザー治療を受けることになります。

妊娠中はしみができやすと聞いたのですが、本当ですか?

妊娠中はホルモンのバランスの変化が大きいので、その影響を受けることがあります。

 

基本的には妊娠中は病院でのレーザー治療などは控えた方が良いとされています。ですので、食事面、生活面での改善を図るようにしましょう。どうしても気になる場合には、病院で相談しましょう。

しみって何歳くらいからでき始めるものですか?

しみが表面化する年齢は個人差がとても大きいので、一概に何歳とは言えません。

 

しかし、美白化粧品は20代中半以降の女性をターゲットに作られていることが多いようです。このことから、25歳くらいがしみができ始める一つの目安と言えるかもしれませんね。

しみの予防と改善の方法を中心に、しみのできるメカニズムや紫外線や日焼け止めについてなど、幅広く説明しています。しみの予防には、まずは紫外線から肌を守ることが必須です。その為には日焼け止めを塗ることが、手軽に行えて効果の高い方法です。しかし、日焼け止めには正しい塗り方が存在し、正しく塗らなければ効果を最大限に実感することは不可能です。正しく日焼け止めを使用するためには当然、日焼け止めの種類についても知る必要があります。その為、日焼け止めについてはより深く解説しています。しみの改善、予防には、日焼け止め以外にも沢山の方法があります。食事、生活、化粧品などで、しみにアプローチできるような方法も紹介しています。