化粧品だけじゃ無理?本気でしみを消すための方法

MENU

日焼け止め選びにはPAとSPFが重要

日焼け止めを買いに行くと、その種類の多さに、どれをどのように選んでよいか分からなくなることもあると思います。多くの日焼け止めの中から、自分にビッタリの日焼け止めを見つける方法をご紹介します。

日焼け止めの選び方を間違えるとどうなるか

日焼け止めの選び方を間違えると、肌に負担が掛かり過ぎ、肌荒れなどトラブルの原因になってしまいます。しかし、正しく選べば、肌を綺麗に保つ為にとっても役立つお手軽アイテムです。

PAとは何か

日焼け止めのパッケージなどには、必ず「PA」の文字があると思います。これは、「Production grade of UV-A」の略です。つまり、UV-Aから肌を守るということです。UV-Aは肌が赤くなったり炎症を起こす原因になります。「SPF50++」のように表示されています。

PAは+の数で強さが決まる

PAは、「+」「++」「+++」のように表示されます。今までは三段階で表示されていましたが、「++++」の表示も可能になりました。

PAの効果の目安と使用目安

PA+ UV-Aから肌を守る効果がある。日常生活。
PA++ UV-Aから肌を守る効果がPAプラスよりも高い。長時間屋外への外出時。
PA+++ UV-Aから肌を守る効果が非常に高い。海や山など日差しが強い場所へ行く時。
PA++++ UV-Aから肌を守る効果が極めて高い。日差しが強い場所でも絶対にUV-Aの影響を受けたくない時。

SPFとは何か

SPFは、Sun Protection Factorの略です。SPFは、UV-Bから肌を守ってくれる数値です。UV-Bは、しみやそばかすの原因になります。SPFも、日焼け止めのパッケージなどには必ず表示されています。SPFは数値で表示されていて、最高は50まであります。

SPFの数値別使用目安

SPF10 日常生活
SPF30 長時間屋外への外出時
SPF50 海や山など日差しが強い場所へ行く時