化粧品だけじゃ無理?本気でしみを消すための方法

MENU

ビタミンCを摂取してメラニンの生成を防ぐ

既にできてしまったしみの改善には、ビタミンCが効果的だと言われています。では、どのような理由で、ビタミンCが既にできてしまったしみの改善になるのかみていきましょう。

沈着したメラニンを白くする働きがある

ビタミンCがしみの改善に効果的だという最大の理由はここにあります。ビタミンCは、既に沈着してしまったメラニンを還元してしまうのです。還元されると、メラニンは白色メラニンとなりますので、しみを作ることができません。しみの改善には欠かせない存在なのです。

 

実は、ビタミンCは、しみの改善だけでなく、予防をする働きも同時に持っています。

 

メラニンの生成を抑制する働きがある

ビタミンCには、しみの大きな原因となるメラニンの生成を抑制する働きがあります。メラニンが生成されなくなれば、それに伴ってしみができにくくなります。

 

このように、ビタミンCは、しみに悩む人にとって正に救世主と呼べる存在です。となると、気になるのは、どんな物を食べればビタミンCを多く摂取できるかとうことですよね。

ビタミンCを多く含む食品

赤ピーマン、黄ピーマン、ピーマン、アセロラ、パセリ、レモン、ケール、ゴーヤ、柿、キウイ、モロヘイヤ、イチゴ、ブロッコリーなどに多く含まれています。

 

ビタミンCは野菜や果物に多く含まれる

ビタミンCを多く含む食品を良く見てみると、野菜や果物に多く含まれているということが分かると思います。ということはつまり、野菜や果物をほとんど食べない生活をしている人は、しみができやすく、改善もしづらいということですね。

摂取する際の注意点

ビタミンCは熱に弱い性質を持っていますので、できるだけ生で食べることをお勧めします。加熱が必要な野菜などの場合は、さっと火を通すことを心掛けると良いでしょう。

過剰摂取するとどうなるか

ビタミンCは水溶性なので、基本的には余分に摂っても尿の中に排出されます。しかし、サプリメントなどでむやみに過剰摂取をしないようにしましょう。摂取すればするほど、効果があらわれる訳ではありません。