化粧品だけじゃ無理?本気でしみを消すための方法

MENU

3つの紫外線の種類

日焼け止めを使用するのと使用しないのでは、しみのできるリスクに大きな違いが出てきます。しみを防ぐために日焼け止めを塗るもっとも大きな理由は、紫外線をカットしてくれるからです。

 

紫外線は、しみやしわの原因になってしまいます。紫外線と一口に言っても、結構奥が深いものです。しみの対策には、紫外線を攻略する必要があるので、掘り下げて解説したいと思います。

紫外線には種類がある

太陽の光は、赤外線、可視光線、紫外線が含まれています。その中でしみの原因になるのが、紫外線です。紫外線は、波長によって以下のように、3つに分類することができます。

  • UV-A(紫外線-A)
  • UV-B(紫外線-B)
  • UV-C(紫外線-C)

 

UV-A(紫外線-A)

UV-Aは、肌の奥までシワジワと浸透してしまいます。皮膚の内側である、真皮にまで到達してしまい、しわやたるみなどの原因になります。UV-Aは、窓ガラスを通過してしまいますので、室内にいても安心できません。また、雲も通過してしまうので、空が曇っていても、肌にダメージを与えてしまいます。

UV-B(紫外線-B)

UV-Bは、メラニンの増加の原因にもなります。ですので、しみやそばかすの原因になります。また、肌の表面にダメージを与えます。日焼けして赤くなったり、ひどくなると水ぶくれになったりするのは、UV-Bのしわざです。UV-Aよりも、人に与えるダメージは大きく、有害性が高いとされています。

UV-C(紫外線-C)

最近騒がれるようになったのが、UV-Cです。実は、このUV-Cは、UV-Bよりも有害性が高いとされています。なぜ、最近まであまり騒がれ無かったのかというと、近年まではUV-Cは地上に届かなかったからです。

 

しかし、地球の温暖化などによりオゾン層が破壊されてしまい、地上にまで届くようになってしまったのです。オゾン層が破壊されるまでは、UV-Cはオゾン層に吸収されていました。